東日本大震災関連 (2011/3/11〜3/27)
2011/3/11 14:46 頃発生のマグニチュード 9.0 と言う記録的大地震が発生し、私の住む町田市でも震度5であった。その後の状況をここに記録しておく。
 
3/11
部屋でごろごろしていたら地震が始まった。 揺れ始めてからぐらぐらまでの間隔が長いので震源から離れているとは思った。でも棚から物が落ち始めいろんな物が落ちてきた。 窓を開けて見たら、道路上の人が歩けずに電柱にしがみついていた。
震度が6を超していたら築後半世紀の我が家はつぶれていただろう。

地震と同時に停電した。テレビを見えず情報が入らないので、夕方になって近所の電気屋でラジオを買ったが、そこは停電してなかった。ついでにローソクも買っておいた。 その後古いカセットレコーダを使いたいと単一電池を買いに出かけたが、単一・単二についてはコンビニも電気店も棚は空。単三と単四のみ購入。 停電対策としてこちらに来た10年前に、LEDの懐中電灯を買っておいたのだが。電池を入れっぱなしにしていたのにちゃんと点灯、これは優れもの。(単三・単四使用)

通信手段は携帯のみだがこれが通じない。そのうち携帯メールが入ってくるようになった。これが唯一の外部との連絡方法。ところがバッテリが上がりそうになったので22時頃から近所のDVD屋で1時間ほど充電中に停電が直った。

近所で電気の来ているところもあり、東電に尋ねたら「町田市内で10万軒ほど停電し、順次修復しています」とのこと。

水道は止まらなかったし。我が家は古いのでガスは使わず灯油でまかなっているのでこの2点は問題なかった。

小田急は全線運転停止。たまたま地震発生時に降りていた踏切はそのままの状態でチンチンと鳴り続け。


3/12
12時頃歯科を予約していたので、その前にと車で薬師池公園のカワヅザクラ・尾根緑道のカンヒザクラを撮りに出かけた。今年はサクラが遅く何れも開花寸前だった。 道路も交通状態も通常通りで問題なく走れた。

小田急も正常に運転を始め、地震の影響で帰宅できなかった末娘は11Km 歩いて長女宅に泊まり無事帰宅。

この時点では地震の影響を楽観視していた。


3/14
突然始まった計画停電。 東電WEBサイトにアクセスを何度も試みたが重くて接続できない。 小田急は全線不通。 やっと停電グループを調べたが町田市が3箇所に所属しておりはっきりしない。 なお混乱したのは途中で計画停電 実施を止めたこと。 これにより実際の停電は無かったが自分の所はどのグループなのかが分からないので計画表を見ても対処しようが無い。 行政区画と配電網は別物なのは分かるが不親切きわまりない。

町田市内まで往復10Kmを歩いたが、大きな電気の量販店では懐中電灯・電池の棚はすっかり空になっている。もちろんコンビニにも無い。コンビニでは食べ物もほとんど無い。 店から出て来る人は殆どトイレットペーパーとかティッシュをぶら下げている。
 

3/15
前日の交通機関の混乱からさしもの動きの鈍い政府も腰を上げて、小田急は動き始めた。 気になっていた尾根緑道のカンヒザクラの状況をチェックすべく町田まで小田急、町田から現地までバスで赴いた。 

バスの途中でものすごい車の行列を見つけよく見ると給油待ちの車列である。 ガソリンスタンドは2割くらいしか営業していない。 尾根緑道からの帰途は10Km ほど歩いたが、私が利用しているガソリンスタンドは、右上のように品切れの表示があるが、右下のように入荷を待っている車の列である。約100台が待っている。数カ所でこのような状況を見た。


3/16
9:40から計画停電が始まった。これで我が家が第5グループだと言うことがはっきりした。 この時点で東電が発表している停電グループリストには、町田市 玉川学園7丁目・玉川学園7丁目・玉川学園1丁目・玉川学園1丁目がグループ2、すこし離れて玉川学園7丁目・玉川学園6丁目・玉川学園5丁目・玉川学園4丁目・玉川学園3丁目・玉川学園1丁目がグループ5になっていた。2丁目の記載が無いのだがミスっているのだろうと思っていた。

停電ではすることも無いので薬師池公園まで往復し、カワズザクラ・アタミカンザクラ、野津田神社のヤブツバキを撮って12:30頃帰宅したら通電していた。
 

3/17
朝、青空なので尾根緑道のカンヒザクラを撮りたいと、電車とバスを乗り継いで赴いたが、現地に着く頃から雲が出てきて満足な写真は撮れなかった。帰りは渋滞を避けて歩いたが、帰宅してみたら停電になっていた。予備のグループに入っていたのだが需要が多かったのだろう。汗を流すにも停電では冷水しか出ないので下着交換だけ。
 
3/18
3回目の計画停電が18:40から始まった。 街灯や信号灯の様子を見に近所をぶらついた。 驚いたことに小田急の駅回りは停電無し、同じ町内でも通電しているところがある。 どうも不可思議な停電だ。 ますます東電に対する不信感が増した。
   
3/19
ホスピスに入っていた友人の告別式が国分寺で行われた。交通機関の運転状況もはっきりしないので早起きして出かけ、3回乗り換えるのだが思ったよりスムースに往復できた。面白いのは駅によってエスカレータやエレベータの運転がまちまちなこと。 杖をついてよちよち歩きの老人や乳母車の方達が苦労していた。
 
3/20
計画停電の範囲がどう変わったのか東電WEBサイトからファイルをダウンした。驚いたことに我が玉川学園は4・5・6丁目のみが記載され、1〜3、7〜8丁目は範囲外になっている。 なんとなく納得できない事だし、何の説明も無いことに怒りを覚える。
 
3/22
今日から東電のWEBサイトに当日の電力需要量が表示されるようになった。念のために記録したのだが、これを閲覧できるのは当日限りのようだ。ここに可能な限り記載していきたい
 
3/23
雲は多いのだがカンヒザクラヤブザクラを撮りに約10Km歩いた。ガソリンスタンドは営業している店は半分程度。 にも拘わらず給油待ちの車列は解消していた。聞くと根岸の製油所が操業を始めたのでガソリンが入荷し始めた。昨日から長い行列が無くなったが計画停電の間は営業できないとぼやいていた。
郊外型の巨大ホームセンターに立ち寄ってみたが、電池と懐中電灯(右写真上)は影も形も無かった。町田市で唯一の地震死者が出た駐車場のスロープを見た(右写真下)素人の私でも分かる設計ミスである。柱はスチールなのだが床面との接合が外れてスロープが店舗本体から外れ走行中の車に落ち掛かったようだ。
今日は4回目の計画停電18:40から20:10まで。たまたまネット購入したLED懐中電灯が間に合った。
   
3/24
朝から曇りだが昼過ぎに陽が出るという予想なので、気になっていたヨウコウ(陽光桜)に赴いた。約10kmの歩きだが、昨日の水道水汚染の公表でコンビニでは全て写真のように空間が生まれていた。 帰宅したらテレビで水道汚染は解除されたと報じていたが明日午後は雨の予報、雨が降ればまた汚染値は上がるだろう。空中の汚染物質が混入する事が原因だろうが、問題は土壌汚染だ。
 
3/27
この2日間は計画停電はなかった。(明日からは実施するとか) 町を歩いても正常に見えるが、気になった点は 1) 昼間の小田急ががら空き 2) 水は何処にも無い棚は空いたまま。 3) 小田急の駅はエスカレータ・エレベータ共に停止だがJRは動かしている。 4) 100円ショップに単一以外の電池は並んでいた。