Beckyで他国語を使う方法

2002/5/7

Beckyは多国語に対応している。WIN2000/WIN-XPは多国語対応なのでフォントを持っているので次のようにすれば使える。(例として日本語環境下でタイ語を使う方法)
1.「全般的な設定」画面で「言語/フォント」タブをクリック。
2.「言語」の「追加」をクリック。
3.「言語の追加」画面で「キャラクタセット名」に「windows-874」と入力、「エンコーディング」に「8bit」を選択、「説明」は適当に入力(例:Thai)、「OK」を押す。
4.「フォント」の「変更」をクリック。
5. 「フォント」画面で「フォント名」に一覧の中からタイ語のフォント(例:KodchiangUPC)を選択、「文字セット」に「タイ語」を選択。
6. 初期画面に戻るまで、何回か「OK」を押す。
これはBecky!が標準搭載している多言語機能なので、(3)(5)を変えてやれば、どの言語にも適用出来る。
当然のことながら、Microsoft Officeでも同様に使える。

3:簡体字中国語 (GB2312)、中国語 (Big5)、韓国語 (KSC-5601)、中央ヨーロッパ言語 (Windows-1250)、中央ヨーロッパ言語 (8859-2)、キリル語 (Windows-1251)、キリル語 (KOI8-R)、ギリシア語 (Windows-1253)、トルコ語 (Windows-1254)、バルト語 (Windows-1257)、日本語 (JIS)、日本語 (EUC)、日本語 (シフト JIS)などがある。詳しくはここ

IME2000には韓国語と中国語のフォントが使える。これを使うにはインストールが必要である。
韓国語:ie_ko.exe 繁体字中国語 ie_zht.exe 簡体字中国語 ie_zhc.exe
1)IME 2000 CD-ROM を CD-ROM ドライブにセットします。
2)セットアップの実行を確認する画面、またはオプションを選択する画面が表示されます。[セットアップの終了] ボタン、または画面の右上の [X] をクリックします。
3)エクスプローラを起動し、CD-ROM の [ValuPack] フォルダを開きます。
4)セットアップする言語に対応するファイルをダブルクリックします。
5)セットアップ プログラムが起動します。表示されるメッセージに従って操作を行います。