HDDのパーティション

2001/8/11

PC/AT互換機で複数のHDDを使う時の制限条項
・OSなどの起動するプログラムは基本領域にしか入れられない
・基本領域は1つしか有効(=アクセス可能)に出来ない
・複数領域を作るときには「FDISKで拡張領域」を用いる。拡張領域からは起動できない
・複数のドライブが存在する時、各ドライブの基本領域からドライブレターが割り当てられる
拡張領域には「論理領域」を作る必要があり、基本領域はそのままでドライブとして認識されるが、拡張領域はその中に作られた論理領域が一つのドライブとして認識される。

したがって、HDD増設時に従来のドライブレターを引き継ぎたいときには、増設ドライブは拡張領域を確保して、論理ドライブとすればよい。