奥飛騨の露天風呂

平湯・福地・新平湯・栃尾・新穂高の5つの温泉群を奥飛騨温泉郷と言う。平湯が一番高地にあり新穂高まで車で40分程の間にある。どこに行っても温泉宿の日帰り入浴(露天風呂)があり、露天風呂の奥飛騨温泉郷である。奥まった山あいにあり、秘境だったのであろうが、立派な道路が出来て秘境ではなくなった。観光客の多い温泉地に必ずある温泉饅頭が無いなどは昔の面影があると言うべきか。

まずは宿にした平湯温泉「宝泉館」の露天風呂の硫黄泉。硫黄泉と聞いたが、湯はここにあるように透明で匂いも無い。 ややぬるめの湯で冷え込んだ日には体温よりも暖かいとは言え30分以上浸かっていないと温まらない。私はこの程度が好きなのだが、時間に追われているときはちょっと ・・・・・。

同じく「宝泉館」の檜の湯船.こちらは含鉄泉、熱めになっており、冷え込んだ日にはちょうどいい。

同じ旅館が2つの泉源を持っているのも珍しい。

平湯温泉の「神の湯」岩造りであるが、岩の凄い事。湯も雰囲気も上々の湯で、一度は徒歩で、2度目は車で入浴した。(徒歩では少々きつい)私の知っている限りでは1〜2を争う露天風呂である。 ちなみに朝の連続小説「さくら」でさくらと桂木先生が始めて顔を合わせたのがこの温泉とか。
新穂高温泉。川辺にあり料金は寸志となっている。夜にはライトアップするそうだが、脱衣場が最低。外に脱ぐほうがましと言う始末。男女混浴で女性は水着着用の方もいた。浴槽の底が砂利で足裏に心地よく、湯量も多く綺麗な湯であった。
栃尾温泉「荒神の湯」。新穂高温泉から蒲田川を6Kmほど下がったところにある。料金は寸志であるが、脱衣場もまずまず綺麗であるが湯量が少ないように感じた。週末など来客が増えると、湯が汚れるとの先客の話であった。

長野県乗鞍高原からの帰途立ち寄った。古くは信玄の隠し湯の一つで、湯船に白い湯花が付着することから白船温泉と言われていたが、中里介山「大菩薩峠」白骨の巻で紹介され白骨になったと立ち寄った食堂の女性に聞いた。渓谷の斜面にある温泉で、足腰が強くないと散策も困難。駐車場も少ない。バスが乗り入れてくると渋滞になるなど温泉ブームに乗るにはやや環境が悪い。

白骨温泉「泡の湯」入浴料800円は高い!硫黄系の白濁泉。ややぬるめと言えばぬるめだが私には適温。

白骨温泉野天風呂。風呂まで階段を下りて、川辺にある硫黄系の白濁泉。男湯は道路からこのように丸見えではあるが、離れているので ・・・・・・。終わった後の階段の登りのきつかったこと。