冬の蓼科

2月7日

12時頃国分寺で友人をピックアップし中央道に。南諏訪で降りて、途中農協で具材の仕入れ。実は創作料理を売り物にしているペンションの主人に、「すき焼きを食わせろ」と無理を言っておいた。車中その話から、すき焼きはそれぞれの家庭独自の具材や、焼き始めの作法が違うので、一般的でない具材は仕入れて行こうとなったもの。事前に長ネギ、ゴボウ、豆腐、キャベツ等標準的なものは頼んでおいので、大根、タケノコ、三つ葉、芹、エリンギ 、サヤエンドウなどを購入。(後で思いついた忘れ物は生麩、エノキ茸)
途中石遊の湯で露天風呂を満喫し、ペンション歩絵夢着。
夕食は歩絵夢の一家を交えて、これら何でもありのすき焼きを楽しんだ。

2月8日

霧と細かい粉雪。同行の友人はスキーをしない。でもウオーキングは年平均10Km/日のツワモノ。 ならばスノーシューを楽しんでもらおうと、歩絵夢の主人、その友人と4人でピラタスロープウエイで上った。先ずはエビデンスをと記念写真。気温は-6℃、さてスキーブーツを締めようと思ったが、シェルが硬くて締めることが出来ない。何しろ肥満体で屈みこむ事も出来ず他人のお世話でやっと締めることが出来た。

友人には頂上駅から坪庭をスノーシューで歩いてロープウエイで降りてもらうことにし、その案内はおまかせして、先ず一本4Kmのダウンに挑んだ。 写真は生まれて初めてのスノーシューで雪上散歩中の友人。
視界は悪いが勝手知ったコースでありミスコースの問題は無いが、そのうちに膝が痛くなってきた。休み休みして乗り口まで降りたが、息が切れ汗が噴出し、30分の休憩が必要だった。友人はまだ降りてこないので、休憩後また頂上まで上ることにした。2回目は、休む回数も2回ほどでカービングのエッジを意識しながら降りることが出来た。乗り口で3人と再会したが、1日券の元を取らねばと、友人を待合室に残して再度頂上へ。殆ど休むことなく降りたものの、最後には足はバラバラ、危うく転倒しそうになりながら、やっとの思いで完走した。去年は2本で息が上がったのだが、3本滑れれば上出来と初日を終わった。温泉は蓼科の小齊の湯

2月9日

朝から雲ひとつ無い快晴。スキーには誰も行かないので、一人でと考えたが、ブーツが履けないことも考えられ、友人と一緒に諏訪湖一周を企てた。  友人はウオーキングの大家であり、私は運動不足が自慢のものぐさで、行けるところまでいって後は野となれ山となれの気分でスタートした。

   

   

高島城付近を10時ごろ出発し時計回りに歩きはじめた。湖岸には整えられた遊歩道があり、車道とは分離され、 弾力性のある舗装、道すがら点々とステンレスをベースにした景観材が設置されている。

ステンレスが使われているとつい気になり、溶接仕上げの巧緻をチェックしたり思わぬ楽しみがあった。
不況で余剰人員を抱えたとき、既存ユーザーと競合しない下流分野への進出を画策し、ステンレス極薄板(箔)、ゴミ焼却炉のような加工製品に進出した。加工製品は別会社として独立し、このようなものを作っているはずとネットで検索して見つけた。 ステンレス景観材という言葉は他社に取られたのだろうか。

同行の友人は、ステンレス箔を使う会社の顧問になっている。縁は異なもの。

湖には凍結したところが点在し、ワカサギ釣りの人もいる。目の前まで解凍して水面が来ており、4月の陽気というのにすごい神経と感心するばかり。
出発したのは諏訪市、その内岡谷市に入る。ここは遊歩道の舗装も違い、所々にある小憩用のベンチも実用的なもので面白味はない。天竜川の起点になっている釜口水門あたりは何とか整備されているが、そこを通り過ぎると遊歩道の整備も不十分で、ぬかるみ道を車を気にしながら歩かされる。
浚渫後のヘドロの乾燥場の側を通らせるなど配慮が感じられない。 が、ただ一点、岡谷市の道路照明には太陽光発電が採用されていた。  このあたりには水鳥が多く、人間に対して警戒心も少なく、幼児連れの人が集まっていた。 この環境保全と周回路整備とは両立しないのだろうか。

下諏訪町に入ると遊歩道と一般道は分離され快適なウオーキングが続けられた。

諏訪湖岸は3つの行政区画に分割されているが、せめて周回路くらいは、同じコンセプトで整備してほしいもの。すばらしい環境の価値が損なわれ 誠に残念。
一周15.8Kmの内2Km ほど残して、14時に片倉館のラドン温泉(新規開拓)に入りついでに体脂肪を測定したら、なんと体重が80.8Kg!10日ほど前に中国で計ったら82.4Kgだったので少しは効果があったようだ。脂肪率も22.4%で適正範囲 (17〜23%)の上限近くではあるが、異常ではないと出た(=^_^;=) でも最後の数キロは太ももの内側が痛くなり運動不足を痛感しながらの苦行だった。湖の周回路なので アップダウンがないので歩けたものと思う。
日朝サッカー観戦後ペンション歩絵夢次女の誕生日。巨大なケーキでお祝いを(ろうそくの本数は省略です)
2月10日

朝からガスと雪。10時頃出発し茅野に向かって走り出したら、山を下りたところからまずまずの天気。河童湯の露天風呂に入って一路帰宅。