デリー銀座店

インド在住の知人から、銀座に行くならデリーがお勧めと聞いていた。このたび馬場崎さんのチベット・タンカ展のついでに立ち寄ることにした。20年インドに住んでいる馬場崎さんも誘ったが、インド料理と聞くや顔色が曇った。でも口にするやいなや「うまい」とのたもうた。スパイスがほどよく効いており、ドメスティックのどぎつさはなく、我々の口に合うようアレンジしてある。もう歳だからたくさんは食べられない。何回か行くことでメニューをクリアしたいもの。
カリフラワーブジア(カリフラワーとジャガイモのスパイス炒め)
ほどよいスパイス特にカリフラワーが好みだった。
ジェンガーブナファー (エビのスパイス焼き、ライムソース添え) 
エビをベーコンで巻き、焼き上げたものにライムソース掛かっており、ソースの味が絶妙。
バルワベイガン
茄子料理。 ここ銀座店しかサービスしていない。 ベジタリアン料理だが一見(食)の価値あり。
カレー
3種類 手前はインドカレー、後の2種類の名前は忘却の彼方になったが、いずれも平均点以上。