塩尻のカタオカザクラと蓼科散策

半世紀以上前の東工大写真研の三役が揃い踏みしてカタオカザクラを撮り、蓼科でRAW画像の現像勉強会を催した。
カタオカザクラ

カタオカザクラが発見された所に記念碑とサクラがあると言うことを昨年知ったが、チャンスを逃がし今年になったもの。塩尻市から町田市に10本ほど寄贈されているのだが、何となくみすぼらしい状況で野生種とはこんな物かと自分なりには納得していたが現地ではきれいに咲いていた。 丁度満開で天気も良くご満悦。 ここにはアスティ片丘というJAの保養所があり露天風呂も空いていた。 カタオカザクラの謂れについて

記念碑前にて

大木では無いが

ほぼ満開

クローズアップ

萼の状況

花柄に葉が出る

アスティ片丘の露天風呂   塩尻インターからアスティ片丘の間にあるネットで調べたソバ屋。掻き揚げとソバが評判だったのだが・・・・。

ピラタス坪庭と御泉水自然園

2日目はピラタスロープウエイで標高2237mまで上がり坪庭散策約2Km、その後御泉水自然園で高山植物の咲き始めを。 植物音痴の私には花の名前が付いてないと写す気にならない。その意味ではよく整理されていた。

ロープウエイ駅前にて

坪庭途中で休憩

縞枯山荘前にて

カタクリ

ショウジョウバカマ

エゾムラサキツツジ

タツタソウ

キバナシャクナゲ