鎌倉でのアジサイ撮り

写真研の3名で相当前から鎌倉でアジサイのシーズンに写真を撮ろうやと話し合っていた。梅雨のシーズンでもあり何時にするかとメールの遣り取りで14日を第1候補にしていたが、これがドンピシャリと当たり鎌倉では雲量0の上天気だった。
アジサイ寺の異名のある明月院、無知故にOKした酷い山道(葛原岡・大佛ハイキングコースと名前は良いのだが)で息を切らし、大佛経由で長谷寺でアジサイを撮った。 天気が良かったからか何処も沢山の人・ひと・ヒトだった。

明月院
通称「アジサイ寺」と言われシーズンには大変な混雑とネットで調べていた。案の定結構な人出だった。入山料\500は取りすぎだろう。問題のアジサイはブルー系が主体でややガッカリしたが、日当たりは良いので写真撮りとしては満足だった。

葛原岡・大佛ハイキングコース
「明月院から長谷寺までアップダウンのハイキングコースを歩くが良いかね」と念押しされ問題なしと答えていたのだが、思った以上の急坂だった。中間地点に葛原岡神社があり休憩出来たのも良かったが、ここには今回のアジサイ行で最も綺麗な紅と白があったのでその点では満足だった。大佛は修学旅行以来だ。

当日夜間就寝中に足がつった。思わず悲鳴が出るほどの痛さ。起床後も足を引きずる始末で、アキレス腱を伸ばすようにストレッチするとふくらはぎが痛む。普段使わない筋肉を使ったからだろう。平地は歩いていたのに急坂は避けていた報いか。


長谷寺
ここには40種類ほどのアジサイがあるとかで、大変な賑わいだった。 散策路は狭く入場制限しており約45分ほど待たされた。散策路は山腹に作られており、 相当な急坂なのだが行列の中に包まれているので気にはならない。陽の当たるアジサイは少なく、その意味では陽の当たっている花を撮るには難がある。  これで入山料\300はリーズナブル。