蓼科で花の写真を

花音痴の私が弟に頼まれて花の写真を1年間撮り回ったことで花を撮ることの難しさを何とか克服したと自負している。

十数年来蓼科に行っているのだが、殆ど花を撮ったことはなかった。今回避暑を兼ねて花を撮ってきた。とは言え名札がないと名前が分からないので、立科町の「御泉水自然園」と車山付近のニッコウキスゲくらいのものだが。


御泉水自然園  (2012/7/26)

長野県が明治100年記念事業第1号として開設した自然園。 駐車場もあり主な植物には名札が付いており素人には分かり易く配慮している。 立科町の公式サイトはここ

クガイソウ
(九蓋草)
ゴマノハグサ科
ウスユキソウ
(薄雪草)
キク科
チダケサシ
(乳茸刺)
ユキノシタ科
ノコギリソウ
(鋸草)
キク科
キバナノ
ヤマオダマキ
キンポウゲ科
クモキリソウ
(雲切草)
ラン科
ハクサンフウロ
(白山風露)
フウロソウ科
アカバナシモツケ
(赤花下野)
バラ科
キリンソウ
(黄輪or麒麟草)
ベンケイソウ科
コマクサ
(駒草)
ケシ科
エゾスズラン
(蝦夷鈴蘭)
ラン科
ホタルブクロ
(蛍袋)
キキョウ科
ノハラアザミ
(野原薊)
キク科
イブキジャコウソウ
(伊吹麝香草)
シソ科

車山〜霧ヶ峰

車山から霧ヶ峰の間はいたるところでニッコウキスゲが見られたものだが、近年ニホンジカが増えて被害が急増しているとか。比較的被害の及んでいないところに電気柵や防護ネットが張り巡らされている。 この付近だけで敷設長さは10数キロに及ぶそうだ。 ニッコウキスゲも所によっては写真のようにアブラムシが発生している所もあった。

ニッコウキスゲ ハナウド 霧ヶ峰富士見台 蓼科山と横岳