ANGKOR 観光

ベトナム ホーチミンを訪問した足でアンコールワットを見たく、1日だけの慌ただしい観光になった。 
ホテル宿泊と観光案内を日本で手配したのだが、観光案内は他の旅行客との相乗りで、アンコールトムとアンコールワット2カ所を1日で回るというものだった。 とは知らず当日朝案内人に観光したいところを増やしたいと言っても「2カ所だけ」との一点張り、日本語が話せる案内人だが聞く方の理解度が低いので、他の観光客と相乗りだと理解するまで時間が掛かった。
他人に迷惑も掛けられないので、ホテルに依頼して他の案内人を見つけてもらうことにした。慌ただしい話だったが1時間ほどの待ちで車と案内人を手配出来、9時半頃からの観光となった。  こちらの希望の4カ所を回るというもので$100だった。
見たいと思っていた観光地は、アンコールワット(Angkor Wat)、アンコールトム(Angkor Thom)、バンテアイスレイ(Banteay Srei)、タプローム(Ta Prohm) の4カ所だった。  ところが途中で湖上生活を見ませんかという話になり乗船料$20/人、車の運転手に追加$20で追加することにした。(案内人$20) ホテルで手配した料金に追加では困るらしく運転手と案内人のアルバイトになったようだ。
右に今回の観光した範囲を地図で示した。 地図上のマークはカメラが記録していたGPSデータを地図上に表示したもの。地図下の方3カ所はトンレサップ湖(TONLE SAP LAKE)観光関連で、7が船乗り場の位置、9が折り返し地点だが地図ではいずれも陸地になっている。今は乾期なのだがもっと水位が下がるのだろう。
GPS機能は旅行写真には必須の機能と思った。自分の撮った写真の位置が分からなくなっても、GPSで思い出すことが出来る、ただしバッテリの消耗が激しく2時間半程度しか持たない。予備2個計3個でも最後はGPSを切っていた。
道路状況は主要な観光道路は中央部のみ舗装してある。交通規制の必要なところは道路を盛り上げて速度規制をはかっている。右の写真はこのあたりに多い高床住宅を狙ったものだが、左下に中央部舗装が見える。 トンレサップ湖の帰り、時間が無いのでせかしたら、観光道路を外れた無舗装道路を使い間に合ったのだが、右の写真のように酸化鉄混じりの土埃で道路脇の木々が鉄錆色になっていた。そう言えばパンティアイスレイも赤錆色だった、鉄資源が商業化できると良いだろうに。
1
宿泊したホテル
宿泊は GRAND SOLUXE ANGKOR PALACE RESORT & SPA(左写真)

到着した日の夕食はホテルというのも能が無かろうと、近所の「クメールの邸宅」レストランにした。名は写真から帰国後カンボジアの方に聞いて判明した

2 ANGKOR PASS

市内から遺跡地帯に入る前にアンコールパス発行所がある。ここでは観光客一人一人の顔写真を撮りカラープリンター仕上げですぐ発行してくれる。一日券で $20 
私の顔の右(矢印の所)にカメラがある。

3 アンコールトム
一辺3キロメートルの正方形の城で5つの門があるが、南大門から入り中央のバイヨン寺院まで車で走り、バイヨン寺院のみでアンコールトムを終わりにした。
南大門への道 南大門 バイヨン寺院 修復中 出陣のクメール人 四面仏尊顔
4 タ・プローム

タプロームは1186年より建設が始まり境内の祠堂には260の神が祀られたとか。その後1860年に発見された当時のままに保存されており、長年にわたる自然の猛威がよく分かる。

観音菩薩像 周壁 カジュマルによる浸食
5 パンテアイスレイ

シエムリアップ市内から離れたところにある非常にこぢんまりした寺院だが極めて精緻な彫刻に驚かされる。

第一周壁東塔門 塔門上部彫刻 第一周壁から 中央祠堂への道 中央祠堂    

東洋のモナリザ 見事な浮き彫り 均整の良い祠堂     配置図
6 アンコールワット

アンコールワットには西から入るので、午後が写真写りが良くお客も増える。午前中に上まで上がり周囲の写真を撮り午後再訪問で周囲の写真を撮りたいと思っていたが、前述の案内人との交渉で午前の訪問はあきらめた。

寺院西面の陸橋 西塔門 七頭蛇神ナーガ 大伽藍をバックに 聖池に映えるワット 第1回廊 十字回廊から

第2回廊から 第3回廊から 第3回廊降り口
7

9

トンレサップ湖

現在は乾期で湖の水面も下がって居るが、雨期には湖面水位が7mもあがり、面積も琵琶湖の15〜16倍になるそうだ。船乗り場の写真で乗り場へのスロープの付け根付近まで水位が上がるとか。
この湖にはナマズやフグなど500種を超える淡水魚が生息し、水上生活者の殆どが漁業とのこと。

船乗り場 現在の水位 船上のお寺 船上にパラボラ     物売り
10 飛行場

Siem Reap International Airport

今回の旅行でこの空港だけネット接続が出来なかった。Wi-Fi電波は確認できるのだが私の無線LANでは接続不能だった。