コブシとモクレン

花音痴だった私が、体力維持のために歩くことを思い立って見つけた目標の一つに町田市の銘木百選があった。 この中にコブシが3本あり、モクレンは無かったので、ウメの時期に花を付ける木はコブシと思い込んでいた。昨日友人からモクレンの写真がメールで送られてきて似たような花に驚き、ネットでその差をチェックした。

モクレンは花が紫色であり、この色はコブシには無いので差ははっきりしているのだが、ハクモクレンは白色の花を付け、これがコブシとの混乱を起こしている。 いずれもモクレン科ハクモクレン属なので似ていて不思議は無い。

両者の差はコブシは花があちこち向きモクレンは花が上を向いていることと、コブシは花の付け根に葉が1枚付いていること、またコブシは花底が赤いことであると知った。

そこで町田市銘木百選のコブシ(花期はほぼ終わっていたが何とか花をチェックできた)で状況を調べ、歩きの途中で見つかった木について両者の差をチェックした。

結論は花の向きが一番使いやすいと言うこと、次ぎにわかりやすいのが花底の赤色だがこれは木によっては見難いことがあり確実では無い、最後が花の付け根の葉であるがこれは見つけるのが簡単では無い。

銘木百選のコブシ

花数が少ないので花の向きの詳細は分からなかったが、花の付け根の葉は確認できた。
廃校になった小学校校庭のコブシ

花の向きはあちこちだし、花の付け根に小さな葉が確認できた。
道路際の街路樹

  花の向きもさまざまだし花の付け根の葉も付いている。
団地内のコブシ

団地内の道路に沿って植えられているコブシ。花の向き花の付け根の葉からコブシと判明した。
近所のハクモクレン

それぞれ異なる家のハクモクレンだが、確かに花は上を向いている。花の付け根の葉ははっきり見えないが、無いように思う。
民家のモクレン

同じ民家の庭先。確かに花は上を向いており花の付け根に葉は無い。
民家のハクモクレン

民家のハクモクレン

見事なハクモクレンこれだけ花が多いと花の向きも上だけとは言い難いがコブシとは違った風情である、葉の付け根の葉ははっきり確認できない。
コブシは日本原産、モクレンは中国原産とか。コブシは道路とかの公共地に多く、モクレンは民家に多い。ネットで両者の価格を調べたらコブシはモクレンの半値くらいだった。だから公共用にコブシが使われるのだろうか。
モクレン(紫木蓮)は北朝鮮では国花に指定されている。