ベトナム訪問

飛行機
AIRBUS A330型 15年ぶりのビジネスクラスで戸惑うことばかり。
まず。席の調節がこのように手元のボタンプッシュで出来てしまう。おまけに前後の席とは右写真のように仕切られているので、プライバシーも保てる。
左の飛行中の位置表示を見て、下を見たら綺麗な島が見えた。石垣島付近と思う。
右はしばらく飛んだときの台湾の墾丁近くで、おそらく恒春付近だろう。高雄から墾丁まで2回ほど走った懐かしい道路が見えた。
左は往路(成田からホーチミン)の飛行コース。ずーっと海上を飛んでいる。

右は復路(ハノイから成田)の飛行コース。杭州付近まで中国上空を飛行している。

その国のFlag Carrierに乗ると、その国の飛行場では最高の位置に駐機するものと思っていた。あに図らんや今回はタラップを降りバスで運ばれることになった、

 

植物園
花音痴だった私が1年間花を撮ったおかげで興味がわき、ホーチミンの動植物園で花を撮りたいと思っていた。ホテルにチェックインしたのが15時半で、日没まで2時間弱あ るので訪れた。なんと入場料は35円だ。ところが名札が無く花の名前が分からず興味半減だ。 帰国後名前を調べている。
ポインセチア ア ン ス リ ウ ム 洋ラン バンダ系 ブーゲンビリア マツリカ

他にも沢山撮ったのにMacro設定せずに接写し少しピンぼけになり記載をあきらめた。アオイもややぼけ気味だ。

ジンジャー ラ ン タ ナ アオイ      
ホテルの庭

シエムリアップのホテルにて

プルメリア   カランコエ  

 

交通事情
オートバイの天国である。ベトナムに数回の同行者は自動車が増えていると言っていたが・・・。オートバイはHONDA、自動車はTOYOTAが圧倒的である。二輪車と四輪車が混在して走るのは良いが信号の整備されてない状態での交差点を曲がるのは神業である。 左4枚の写真は早朝ホテルから散歩したときのものだが、川沿いのこの道を横断出来ずここで引き返した。
右4枚は車の中から取ったものだがワイド端でとってもこの大きさと言うことは隣の車やオートバイが如何に近くにぎっしりかと言うことを示している。
マスクをしている人が多い。海水浴場の砂浜で水着で騒いでいる人でもしっかりとマスクをしていた。確かに空港に降りるとき空気の色が変わったことに気がついた。 
 

 

その他
Song Ngu(ソングー)レストランで内装に鉄筋を
 
ホーチミンの海鮮ベトナム料理店。 鉄筋を内装に使っているのが珍しい。日本人の団体客が何組も入っており、バンドは日本の歌ばかり演奏していた。