歩数計について
OMROMヘルスカウンター と 活動量計

2010年に歩数計(OMRON HJ−107ヘルスカウンター)を購入し、日々の歩行距離を記録し始めた。 この機種は歩数しっかり歩数を記録し、しっかり歩数とは有酸素運動の目安として60歩/分以上の歩行を連続して10分以上の時のみカウントする仕組みで、途中で1分以上歩行が途絶えると、次のカウントは10分以上歩かないとカウントを再開しない。

これを装着して歩きながら草花などを撮ると、1分以上の時間が掛かり撮り終わって歩き始めて10分以内に次の花を見つけると、それまでの歩行はしっかり歩数にはならないと言う問題があり、コンビニなどで水を買ったりしても同様の問題がある。

数年後に歩行時の有酸素運動には、インターバル早歩きが有効と報道され、早歩きは時計を見ながら別途記録しようとしたが、長続きしなかった。


2016年11月に活動量計(HJA-400)という物があり、早歩きをカウント出来ると知り購入してみた。

これは胸ポケットに入れるだけで良い(上述のHJ-107はベルトに装着)ので使い易い。

これに切り替えようとしたが、両者の記録値に若干の誤差があり、上記の歩数計データは6年分を記録しているので、このヘルスカウンターに直ちに変更するには、両者のデータの比較 整理が必要となり 1ヶ月ほど併用比較し整理することにした。

両者の測定項目
 
HJ-107

歩行距離

歩数

しっかり歩き

消費カロリー      

歩数

時間

HJA-400 歩行距離 歩数 早歩き歩数 階段歩数 活動
カロリー
総消費
カロリー
脂肪燃焼量 目標達成率

HJ-107のしっかり歩きは、60歩/分以上の歩行を連続して10分以上の時のみしっかり歩きとカウントする仕組みで、途中1分以上の中断があるとカウントを止め、次いで10分以上連続歩きをしないとカウントは増えない。

HJA-400の早歩き歩数は取説によると 93m/分 の早さが基準と記載されているが、私の年(81才)では歩けない早さだ。 頑張っても毎分120歩と歩幅72cmで 86m/分 しか歩けないが、私の場合 80m/分 以上の早さが早歩きにカウントされているようだ。

階段歩き歩数は身体活動の METs の階段上がりが早歩きの2倍あることから、計測項目に追加されており、気圧変化の歩きをカウントしているようだが、思った以上に正確な値が出てくるので驚かされる測定法だ。 今まで駅の階段は避けてエレベータやエスカレータを使っていたのが値を楽しみに階段を使うようになった。  急坂(20度以上程度の坂)でもある程度のカウントをしているようだ。

両者の事前設定項目

HJ-107 日付 時刻 体重 歩幅        
HJA-400 日付 時刻 体重 歩幅 性別 年齢 身長 減量目標値

HJA-400の減量目標値目標達成率は、4週間で減らしたい体重値(減量目標値)を設定すると、その人に合った1日の活動カロリー消費目標を算出しその達成率を表示する仕組みである。 私の場合減量目標値として 500gr を設定してみた。
目標達成率は、上の写真画面の右端にマークが下から上に現れることでパーセント表示している。そのマークの内黒く塗りつぶされている値は早歩き や階段登りによる値、白抜きは通常歩きによる値である。

半月ほど使ってみて、目標達成が簡単であることを感じた。これは減量目標値が少なすぎることが原因と考え2週間ほど経過した時点で 1Kg に変更した。
(取説には目標値は4週間ごとに変更するように記載されているのだが・・・)


試用しての感想
 
両者の
歩数の差
HJ-107 はベルト装着で使う物なので、ベルトが無いときには計測値が不安定になる。 HJA-400 は胸ポケットに入れて使うタイプ。 併用した結果は、自室で装着し玄関を出るまでの歩数に相当な差が出る。
ベルト装着はわずかな動きでもカウントするようだ。 歩きの時のカウントは両者に差は無いようだが、たとえば公園などで花を探しながら不規則な歩きをすると、ベルト装着は小さな動きもカウントし、ポケットタイプはカウントしないようだ。 16日間試用した結果ではベルトタイプが3.3%多く測定した。
私は歩きに出発するときに装着し帰宅後外す。 すなわち日常生活時には装着しないのでHJA-400の方が適していると思う。
しっかり歩きと早歩き HJ-107 のしっかり歩き条件の、60歩/分以上の歩行を連続して行うと有酸素運動に当たるとして採用されている仕組みだが、10分以上の時のみしっかり歩きとカウントする仕組みで、途中1分以上の中断があるとカウントを止め、次いで10分以上連続歩きをしないとカウントは増えない。
この 60歩/分 以上の歩きは非常にのんびりした歩きで、休まず続けることが求められるのだが、私にとっては運動としては物足りない。
HJA-400 は、早歩きをしないとカウントしない。私の場合 80m/分 程度以上の早歩き(112歩/分)でカウントしてくれる。(これを下回ると早歩きにカウントしない)
16日間試用した結果では、HJ-107は総歩数の 73% をしっかり歩きとカウントしたが、同時に併用したHJA-400 では58%の歩数を早歩きと判定した。 これは早歩きを相当意識して歩いた結果で、早歩きを意識せず今まで通りの歩きをした初期の値は歩き歩数の 25〜35%しか早歩きにカウントしなかった。
ネットで早歩きを検索すると、相当な早さで歩くことが推奨されているようでHJA-400の方が適している。
歩きによる
消費カロリー
両者で表現が違うが(消費カロリーと活動カロリー)この歩きによって消費したカロリー計測値の差は0.3%しかない。 (殆ど同一の値である)
減量目標値 上述したように、当初4週間の減量目標を500grとしていたが、あまりにも簡単に(歩行距離6km弱で)達成率が100%になったので目標を1Kgにアップしてみたが、これまた歩行距離7Km位で100%になってしまう。 100%までは10%ごとに表示するが、100%を超えると次は150%のみの表示になる。
従って、減量目標値を大きくした方が日々の歩行記録の程度が分かりやすいかもしれない。
目標設定は4週間ごとに設定するよう取説にあるのだがその理由は不明だ。2週間で目標値を変えてみたが、達成率にさしたる影響してないようにも見える。 継続調査の要ありだ。  
その他の項目 HJA-400 で表示される上記以外のその他の測定項目は、私にとってさほど必要な値とは思ってない。
値の意味の理解が現状では薄いのだろうから、データーとして記録はしておくが・・・。