2016年大岡山の桜 (2016/3/31)

毎年のように大岡山の桜を撮りに出かけているのだが、今年は3月21日に東京での開花宣言が出たが、その後寒の戻りで開花が進まなかった。今朝NHKで今日東京では満開宣言が出るだろうとのことだった。例年大岡山の桜は靖国神社の標本木より3〜4日遅れている。開花状況からは来週の初めが良いように思うのだが、天気予報では4月初めには青空を望めそうに無い。 やきもきしていたら、皇居の乾門の通り抜けが桜が遅れているので3日間延長するとのこと、そこで今日の午前は青空らしいので、開花状況よりも青空を優先して大岡山と皇居の桜を撮りに出かけた。 予想どおり開花は3分咲き程度であったが午前中の空は青く、まずまずの撮影日和となった。 本館前の桜は2列8本計16本並んでいるが、私が入学した昭和29年にはもう植わっていたので樹齢60年以上になっている。桜の平均寿命は40年とか・・・そこで幹を撮ったのだが実際の凄さは表現できなかったのが残念だ。
         
本館への道から見た桜と本館
         
本館への道路の両側の景色
         
樹齢60年以上の幹
        桜のクローズアップ
    昭和29年(1954)の桜