秋葉神社・三峯神社

 

秋葉神社は幕末から明治に掛けての武相地域の豪族青木氏一族代々の墓地に隣接している。 小さなお堂には秋葉神社と三峯神社の二つの名前が並んで表示されている。
Wikipediaから
秋葉神社(あきばじんじゃ。地方によっては「あきはじんじゃ」とも読まれる。)は日本全国に点在する神社である。神社本庁傘下だけで約400社ある。
神社以外にも秋葉山として祠や寺院の中で祀られている場合もあるが、殆どの祭神は神仏習合の火防(ひよけ)・火伏せの神として広く信仰された秋葉大権現(あきはだいごんげん、現在の秋葉山本宮秋葉神社を起源とする)である。一般に秋葉大権現信仰は徳川綱吉の治世以降に全国に広まったとされているが、実際には各地の古くからの神仏信仰や火災・火除けに関する伝説と同化してしまうことが多く、その起源が定かであるものは少ない。
現在の祭神は火之迦具土大神(ひのかぐつちのおおかみ)。江戸時代以前は、三尺坊大権現(さんしゃくぼうだいごんげん)を祀(まつ)る秋葉社(あきはしゃ)と、観世音菩薩を本尊とする秋葉寺(あきはでら、しゅうようじ)とが同じ境内にある神仏混淆(しんふつこんこう)で、人々はこれらを事実上ひとつの神として秋葉大権現'(あきはだいごんげん)や秋葉山(あきはさん)などと呼んだ。古くは霊雲院(りょううんいん)や岐陛保神ノ社(きへのほのかみのやしろ)などの呼び名があったという。
祠の場合は火伏せの神でもあるため、燃えにくい石造りの祠などが見かけられる。小さな祠であることが多く、一つの町内に何箇所も設置されている場合もある。

「明治・大正の頃の相原」(相原保善会)より要約
秋葉大権現と三峯神社は青木本家の裏山にあり、九尺四方の権現造りの立派なお宮であったが、大正12年の大震災で倒壊した。 現在は青木墓地裏山に遷座されている。 秋葉様は火防の神、三峯様は盗難除けの神で、共に氏子信者の安泰の守り神として崇敬されている。 例祭は12月18日。12月1日より3泊4日で秩父の三峯神社に代参が出発する。代参は1人で、風呂敷に供え物一式を首に掛け徒歩で行く。
(現在は1年交替で静岡春野町の秋葉様と三峯様に代参している)

 
祭神 火之迦具土大神(ひのかぐつちのおおかみ) (秋葉神社)
伊弉諾尊 伊弉册尊 (三峯神社)
由緒 由緒書きはお堂の中にあるようで、外部からははっきり見えないが、青木一家の安泰を祈願して祀ったもののように見える。見えた範囲での寄進者の名前は全て青木姓である。
神官 常駐せず 宮司:不明

所在地 町田市相原

神社本殿と鳥居には相当のギャップがある。 参道は青木氏一族代々の墓地からである。墓地入り口には町田市百選の木、十幹のモミジがある。(参道からは分かりづらいので裏の住宅地から の参拝がわかりやすい)
 
Wikipediaから
秋葉神社は日本全国に点在する神社である。神社本庁傘下だけで約400社ある。
神社以外にも秋葉山として祠や寺院の中で祀られている場合もあるが、殆どの祭神は神仏習合の火防(ひよけ)・火伏せの神として広く信仰された秋葉大権現(あきはだいごんげん、現在の秋葉山本宮秋葉神社を起源とする)である。
一般に秋葉大権現信仰は徳川綱吉の治世以降に全国に広まったとされているが、実際には各地の古くからの神仏信仰や火災・火除けに関する伝説と同化してしまうことが多く、その起源が定かであるものは少ない。祠の場合は火伏せの神でもあるため、燃えにくい石造りの祠などが見かけられる。
小さな祠であることが多く、一つの町内に何箇所も設置されている場合もある。