浅間神社

 
Wikipediaから
浅間神社(せんげんじんじゃ、あさまじんじゃ)は、富士山の神霊浅間大神と木花咲耶姫命を主祭神とし、富士山本宮浅間大社(静岡県富士宮市)を総本社とする神社である。 中には、木花咲耶姫命の父神である大山祇神や、姉神である磐長姫命を主祭神とする浅間神社もある。
浅間神社は富士山信仰と結びつくものであり、富士山の周辺や富士山が見える関東一円を中心に分布している。関東では、富士塚と称する富士山を模した築山の山頂に祀られていることも多い。また、境内に富士講の石碑が建てられている浅間神社も多くある。
また、富士山がしばしば噴火をして山麓に住む人々に被害を与えたことから、噴火をおさめるために火の神または水徳の神であるとされた木花咲耶姫を神体として勧請された浅間神社も多い。
 
歴史の浪漫街道から
町田街道大戸交差点から遠望できる孤高の大一本桜で樹齢200年以上のソメイヨシノが自然のまま育っている。小さな祠の浅間神社は在郷5軒で維持されている。
 
相原の歴史(相原を学ぶ会編)から要約
創立:年代不明 祭神::山梨県の浅間神社より御札を頂いて奉る。 神社登録はしていない。 例祭日:9月末の日曜 氏子:佐藤家一族六軒。
 
祭神 不明
由緒 由緒書きなし
神官 常駐せず 宮司:不明 (上述のように、神社登録しなければ宮司は不要)

所在地 町田市相原町大戸4735-1

 

鳥居はない。参道は横からはいるようになっている。本殿前にはスペースがないので正面からの撮影はやっかいである。