荏柄八幡社  (春日ケ谷)
 

多摩の古道と伝説より要約 
大戸に安閑天皇(在位531〜535年)を祭神とした三つの神社(江柄八幡社、蔵王権現社御嶽社)がある。これら三つの神社の創立は在位期間より1100年以上後になる。
 安閑天皇の治世の出来事として、屯倉(みやけ)の大量設置があげられる。(屯倉は大和政権の直轄地経営の倉庫などを表した語である) 安閑天皇時代の屯倉がどこにあったか、まだまだ多くの謎に包まれているが、近年の研究でだんだんと境川上流域が見直されて来たようだ。
また、この地は春日谷という地名である。「春日」と言えば安閑天皇の皇后(春日山田皇女)の名前の一部であり、何か関係があるのかもしれない。
 没後1100年以上経ってから、この地に安閑天皇を祀った社が集中していることは興味あることである。
 

 八幡の神に菩薩号を奉って八幡大菩薩と称し、これを祭る神社を八幡宮という。ふつうには応神天皇を主祭神とする。そしてその両側に比売神と大帯姫命を配祀する。また仲哀天皇と神功皇后を配祀した社もある。(比売神を玉依姫命、神功皇后を住吉神とした社もある)
 安閑天皇 を祀っている意味についてはわからないが、この八幡社を創建する前に春日谷に安閑天皇が何らかの形で祀られて信仰の対象になっていたのではなかろうか。
 

町田市史(下巻)から要約
当社の創立は元禄14年(1701)11月3日。 八木一族の守護神として春日谷に勧請したもの。寛文7年(1667)3月の検地の際に畑一反五畝一八歩の除地があった。ご神体は木彫りの座像で八幡大神の神像であり内殿に安置してある。
祭神は応神天皇を奉斎している。  例祭日は毎年11月15日。氏子は8戸。

 

祭神 安閑天皇
由緒 由緒書きなし 。 元禄14年(1701)建立。
神官 常駐せず 宮司:不明

所在地 町田市相原4497

 

「八木重吉記念館」の後ろにあり、記念館の横を回り込んで上がる。町田街道から入るのはちょっと分かり難い。