八幡神社

 
Wikipediaから八幡について
八幡神を祀る神社は八幡神社(八幡社・八幡宮・若宮神社)と呼ばれ、その数は1万社とも2万社とも言われ、稲荷神社に次いで全国2位である。
八幡神社の総本社は大分県宇佐市の宇佐神宮である。
祭神は応神天皇を主神として、神功皇后、神功皇后を合わせて八幡神(八幡三神)ともしている。神功皇后は応神天皇の母親であり、親子神(母子神)信仰に基づくものだといわれる。比売神はその出自はよく分かっていない。比売神はそれ以前に宇佐に祀られていた地主神だという説や、比売神は宗像三神または市杵島姫命であるという説、近年では比売神はヒミコでありアマテラスであるという説も登場している。
早くから仏教と習合しており、天応元年(781年)には仏教保護の神として八幡大菩薩(はちまんだいぼさつ)の神号が与えられた。これにより、全国の寺の守護神として八幡神が勧請されるようになり、八幡神が全国に広まることとなった。後に、本地垂迹においては阿弥陀如来が八幡神の本地仏とされた。
源頼朝が鎌倉幕府を開くと、八幡神を鎌倉へ迎えて鶴岡八幡宮とし、御家人たちも武家の主護神として自分の領内に勧請した。それ以降も、武神として多くの武将が崇敬した。
その一方で、八幡神は皇祖神として位置づけられ、天照大神とともに皇室を庇護したとする説もある。中世においては、武家(あるいは源氏)の守護神と皇室の守護神としての八幡神の両面があったことになる。
 
町田市史(下巻)から要約 
往古、山崎村の開拓の祖と言われる牧野家の遠祖である藤左衛門の邸内に奉斎してあった社を、延宝2年(1674)に上・下山崎の鎮守の社となし、現在地の八幡平に奉遷し、社領として上畑の五畝五歩を永代修繕費として寄進したもの。
境外地に末社の若宮社がある。
明治7年(1874)村社に列せられた。 例祭日は毎年9月5日。
 
祭神 応神天皇
由緒

(要約)

本宮は大分県の宇佐神宮。 山崎村開拓の祖である牧野家の守護神として屋敷内に奉斎していた。 延宝2年(1674)牧野藤左衛門の代に山崎村の鎮守として現在地(通称八幡平)に移した。
神官 不明

所在地 町田市山崎町345番

 
 
昭和38年発行の「忠生村誌」には次のようにある

祭神、応神天皇。 武蔵國多摩郡山崎村の開拓の祖と言われた郷士、牧野藤左衛門の邸内に在った小祉を延宝3年(1675)上、下山崎の氏神として、上畑5畝5歩を永代修覆費に寄進し現在の地にうつした。このゆかりの故に牧野氏は代々、社の頭家として奉仕しました。

本社の南200mに別宮若宮の小祠がある。
 
例祭10月5日。