白山社 (中ヶ谷戸)

 
Wikipediaから白山神社について
白山神社(はくさんじんじゃ、しらやまじんじゃ)は、白山の神を祀る神社である。
石川県白山市の白山比盗_社を総本社とする。祭神は菊理媛神(白山比盗_)・伊弉諾尊・伊弉冉尊の三柱としているものが多い。
日本各地に2千7百社あまりあるが、特に岐阜県・石川県・新潟県・静岡県に多く分布する。古くから比叡山・天台宗と関係があり、天台宗の普及とともに各地に勧請された。
しかし、この三社のうち延喜式神名帳に記載されているのは白山比盗_社だけであるため、明治時代に白山比盗_社が「日本全国の白山神社の総本社」と認定され、各地の白山神社の多くは「白山比盗_社から勧請を受けた」というように由諸を書き換えた。
 
 
祭神 伊弉諾尊・伊弉冉尊 (堺村誌による)
由緒  
神官 不明

所在地 町田市相原町770番地