八幡神社 (金井町)

 
Wikipediaから
八幡神を祀る神社は八幡神社(八幡社・八幡宮・若宮神社)と呼ばれ、その数は1万社とも2万社とも言われ、稲荷神社に次いで全国2位である。
八幡神社の総本社は大分県宇佐市の宇佐神宮である。
祭神は応神天皇を主神として、神功皇后、神功皇后を合わせて八幡神(八幡三神)ともしている。神功皇后は応神天皇の母親であり、親子神(母子神)信仰に基づくものだといわれる。比売神はその出自はよく分かっていない。比売神はそれ以前に宇佐に祀られていた地主神だという説や、比売神は宗像三神または市杵島姫命であるという説、近年では比売神はヒミコでありアマテラスであるという説も登場している。
早くから仏教と習合しており、天応元年(781年)には仏教保護の神として八幡大菩薩(はちまんだいぼさつ)の神号が与えられた。これにより、全国の寺の守護神として八幡神が勧請されるようになり、八幡神が全国に広まることとなった。後に、本地垂迹においては阿弥陀如来が八幡神の本地仏とされた。
源頼朝が鎌倉幕府を開くと、八幡神を鎌倉へ迎えて鶴岡八幡宮とし、御家人たちも武家の主護神として自分の領内に勧請した。それ以降も、武神として多くの武将が崇敬した。
その一方で、八幡神は皇祖神として位置づけられ、天照大神とともに皇室を庇護したとする説もある。中世においては、武家(あるいは源氏)の守護神と皇室の守護神としての八幡神の両面があったことになる。
 
多摩の古城」には次のように書かれている。
”武蔵の古城址”の小幡晋氏は、金井町の木暮八幡神社境内付近を青木氏の関所址であると推定しています。中世に現鶴川街道沿いに街道があったとすれば、(確証はありませんが、矢野口から町田方面に向かう街道はあったのではないでしょうか?)八幡神社付近は関所を設けるのに最適な地形といえます。鶴川街道に向かって突出した小高い台地上に(現八幡神社本殿)主郭をおき、北、東、南は谷で防御し、西側尾根続きを掘りきりで切断したものでしょうか。(城館があったとすれば)西側は既に宅地化されてしまっています。明瞭な遺構は見つかりませんでしたが、境内が2段の平場に分かれ、切岸や土塁、南側には腰郭の名残のようなものが見受けられます。
 
町田市史(下巻)から要約
創立の年代は明らかでない。社殿内陣に安置の木彫りで白馬に乗っているご神像に「享保11年10月吉仏師佐野木亟が作成した」とあり、別当寺の弘福寺の宥範が遷座したのである。その後文化10年(1813)に常陸國筑波郡の仏師により彩色したのが現在のご神体である。享保6年(1721)ごろより継承されている町田市無形文化財の獅子舞が祭礼の時境内において行われる。 例祭日は毎年9月15日。

町田風土記(森山兼光)から
金井地区の神社:武蔵風土記稿には八幡社・稲荷社(2)・七面社・山王社の5社が記され、
明治3年頃では八幡社・山王社・稲荷社(2)・七面明神・北辰妙見堂・大六天小社(2)・秋葉山宮・三峯山の計10社が祀られています。
八幡神社では享保六年(1721) 頃より継承されている獅子舞(町田市無形文化賊)が祭礼の時に奉じられています。

現在金井地区に社はここ八幡神社しかないので、上述の10社は合祀されたか廃れたのであろう。境内には秋葉神社の祠があるのみで、その他の合祀の痕は見られない。

神社の雑学(八幡神社氏子崇敬会)から
由緒 : 創建年代不詳、1726年仏師佐野木亟ご神像を作成。 1751年石段建立。 1828年ご神像彩色。 現在の本殿は1937年(昭和12年)再建のもの。 例大祭には町田市指定第1号無形文化財 金井の獅子舞 が奉納される。

 
祭神 応神天皇
由緒

(要約)

創立の年代は明らかでないが、社殿内陣に安置されているご神像に「享保11年(1726年)10月仏師佐野木亟?が作成した」と記されている。その後文化10年(1813年)に常陸の国筑波郡の仏師によって彩色されたのが現在の 御神像である。
神官 常駐せず 宮司:池田 豊(町誌 金井に記載されていた)

所在地 町田市金井町2686番

本殿の横に石の祠があり、中には秋葉神社の御札が奉ってある。(右から二枚目) 鳥居の横には「堅窂地神」と刻んだ石碑がある。この「堅窂地神」についてはNETで検索したが、三鷹に1社あるだけで詳しい情報はない。
 
町田市無形文化財
江戸時代寛文年間に金井村の名主神蔵太兵衛が“慈雨と五穀豊穣”を祈り、竜頭の獅子を考案、八幡神社に奉納したと伝えられている。 雨乞いの三匹獅子舞であり、舞うときに足を“丁”の字形に踏むところが他の獅子舞と違い、近郷近在ではもっとも整った獅子舞といわれている。

この獅子舞を撮りたいと狙ったのだが、実施日が分からない。何度か訪れてやっと見つけた。(2009/9/11)毎年9月中頃らしい。

2009年は9月19・20日である

獅子舞  詳細はここ

2011年元旦の初詣。参道から行列だった。
境内で配布されていた氏子崇敬会のパンフレット
町誌 金井(金井町内会)より
新編武蔵風土記稿には「八幡社、字木倉谷戸にあり、勧請の年代を知らず。村の総鎮守なり、ご神体は長さ五寸ばかり。例祭7月28日、獅子舞を執行す、弘福寺の持ち」とある。
例祭は古くは7月28日であったが、現在は9月15日。獅子舞が奉納される。この獅子舞は一般に風流獅子とか三匹獅子と呼ばれるもので、1人が1つの獅子頭を頭にかぶり、腹に小さな太鼓を括り付け打ち鳴らし、1頭の雌獅子と2頭の雄獅子の3頭で踊る。五穀豊穣を願い奉納するものだが、雨乞いのために祭礼日以外にも舞ったことがある。
 

2012年初詣で