渋池神社(渋池 弁財天社)

 
神社マッペには渋池神社とあるが正式には石碑には渋池弁財天社となっている。杉山神社から約200mの所にある。
Wikipediaから弁財天について
弁才天(べんざいてん)は、仏教の守護神である天部の1つ。ヒンドゥー教の女神であるサラスヴァティー(Sarasvatī) が仏教あるいは神道に取り込まれた呼び名である。経典に準拠した漢字表記は本来「弁才天」だが、日本では「才」が「財」の音に通じることから財宝神としての性格が付与され、「弁財天」と表記する場合も多い。弁天とも言われ、弁才天(弁財天)を本尊とする堂宇は、弁天堂、弁天社などと称されることが多い。
本来、仏教の尊格だが、日本では神道の神とも見なされ、七福神の一員である。仏教においては、妙音菩薩(みょうおんぼさつ)と同一視されることがある。また、宗像三女神と同一視されることも多く、古くから弁才天を祭っていた社では明治以降、宗像三女神または市杵島姫命(いちきしまひめのみこと)を祭っているところが多い。

金森村の歩んだ道(金森村文化遺産保存会編)から要約
祭神は仏教の天部の弁才天、七福~の唯一の女神で、現世利益を求める商売の神、水の神、財福の神で、また弁才の才を財と読ませ、江ノ島、竹生島ならびに宮島の弁天を三大弁天と呼んでいる。バラモンの神々が仏教に帰依した仏の天部像を祀る社を、何故神社とと称したのかは詳らかでない。

 
祭神 弁財天 (七福神のの中の紅一点、弁才天から「才」の音が「財」に通じるので財宝神の性格を持つようになったとか)
由緒 金森地区神社繁栄のため昭和62年奉賛会を結成。63年渋池神社社殿新築並びに杉山神社社務所新設を計画、渋池弁財天社を表示した。
金森杉山神社の境外社である。
神官 常駐せず 宮司:不明

所在地 町田市金森

鳥居に横の石碑には「渋池弁財天社」とあり、その裏面には上述の由緒が書いてある。 住宅地の中に造られている。