熊野神社

 
町田市史(上巻)から要約
熊野信仰は紀伊の熊野三山、すなわち本宮・新宮・那智社の神々を対象とする信仰で、平安時代以降熊野権現と称して、修験道の信仰対象になり、熊野詣での風習は貴族から上流武士におよび、室町時代には地侍・名主層に広まった。この熊野信仰は天台宗系の修験者の布教活動に負うところが大きかった。修験者は熊野の護符である牛王宝印(ごおうほういん)の頒布などを行い熊野権現の霊験を宣伝し熊野参詣の先導をする先達となった。
講中の信徒は先達の案内で熊野にいたり、それぞれ特定の御師の宿坊に泊まった。御師は祈祷師であると共に宿坊の経営者で、各地の先達を通じて信徒と師檀関係を結び信徒はそれぞれの御師の檀那になった。こうした熊野信仰の普及と共に各地に熊野神社が普及し熊野神社が勧請されていった。市内の熊野神社は、いずれも勧請の時代を伝えていないが、室町時代に於ける熊野信仰・熊野参詣に関連しているものと思う。
 
町田市史(下巻から要約)
創立の年代は詳らかでない。貞享4年(1687)2月、熊野権現領として畑一反二畝四歩の除地があり、また天神領畑九畝十歩と神明領の畑二畝四歩と除地分があった。
文久2年(1862)から明治9年(1876)、10年以上を要して社殿は再建された。明治44年、南の稲荷社、東の天満社・若宮八幡社、東北の熊野社、中央の神明社を、また大正5年には白山社を合祀した。大正5年に村社に列せられた。
祭神は伊邪那岐命、伊邪那美命、天照大神、素戔嗚尊、宇迦之魂神、応神天皇、菅原道真を奉斎している。
例祭日は毎年9月3日
 
ネットからの情報
「図師熊野神社読本」によれば、創建年代不詳。宿にあった熊野神社に、神明社、熊野社、天満社、稲荷社、若宮八幡社、それに白山谷戸の白山社(半沢)を合祀しています。

「新編武蔵風土記稿」より、図師の地名の由来について。白山社の修理を別当の僧が領主へ頼みに行き、その場所を地図にして見せた所、「地図を師として、まだ行ったことの無い場所の風景を知る事ができた。」と、その僧の聡明を賞賛し、図師の法印として帰依し、白山領を寄付し、そこを図師領と呼んだことからという。

町田風土記(森山兼光著)から
図師の神社:武蔵風土記稿には白山・稲荷・熊野・神明・山王・若宮八幡の6社が記され、
明治元年の「村差出明細書上帳」によれば白山社が新良山神社に社名を変更(年代不詳)しています。
明治44年に稲荷・神明・若宮八幡・天満の4社が「熊野神社」に合祀され、更に大正5年に新良山神社も合祀されました。

 
祭神 伊邪那岐命・伊邪那美命(新良山神社・熊野)
天照大神(神明)
素戔嗚尊
宇迦之魂神(稲荷)
応神天皇(若宮八幡)
菅原道真(天満)
由緒  
神官 常駐せず 宮司:不明

所在地 町田市図師町1854番

 

 
 
図師の鎮守とのこと。
 
昭和38年発行の「忠生村誌」には図師神社とある。住所が図師9号1854とあるので、この神社だろう。

俗に「おくまんさま」。明治44年に部落内の稲荷社、熊野2社、神明2社、山王社、若宮八幡の7社を合祀。大正5年さらに白山社合祀。大正15年村社指定。創建年代不詳。祭神は伊弊諾、伊弊那美尊の他7柱。

棟札 武蔵国多摩郡図師郷、此処鎮守神社星霜己久、雨蝕露廃、清宮即廃、礼典有闕故今営修、輝其前儀焉。冀神明垂感、四海平安、都内康楽、風雨順序、染穀豊登矣、 敬白
裏面 本社拝殿再営 自 文久壬戊年 至 明治9丙子年5月
拝殿再営に約15年を要してますが、当時熊野社の氏子は25戸にすぎません。

とある。文末に熊野社と書いてあり、間違いないものと思う。
 

Wikipediaから
熊野神社とは、熊野三山(熊野本宮大社、熊野速玉大社、熊野那智大社)から勧請された神社を指す。
有史以前からの自然信仰の聖地であった熊野(紀伊国牟婁郡)に成立した熊野三山は、平安時代末期から鎌倉時代初期にかけての中世熊野詣における皇族・貴紳の参詣によって、信仰と制度の上での確立をみた。しかしながら、中世熊野詣を担った京からの参詣者は、後鳥羽上皇をはじめとする京都の皇族・貴族と上皇陣営に加勢した熊野別当家が承久の乱において没落したことによって、歴史の表舞台から退き、かわって、東国の武士や有力農民が前面に出てくるようになる。
こうした一般の参詣者とそれに伴う収入に経営の基盤を求めた13世紀半ば以降の熊野三山は、全国に信仰を広め、参詣者を募るため、山伏や熊野比丘尼を各地に送り、熊野権現の神徳を説いた。この過程で、全国に数多くの熊野神社、すなわち熊野三山から勧請された神社が成立した。