八坂神社

 
Wikipediaから
八坂神社(やさかじんじゃ)は、素戔嗚尊(スサノオ)を祭神とする全国各地にある神社の名称。日本全国に約2300社あるとされる。
総本社は京都府京都市東山区祇園町にある八坂神社。かつての社名から祇園さんの愛称で呼ばれる。7月の祇園祭(祇園会)で知られ、ほかに特殊神事として白朮(をけら)祭がある。旧社格は官幣大社。中世には二十二社の下八社のひとつとされた。
慶応四年(1868年)の神仏分離令(廃仏毀釈運動)により、元々「祇園社」「祇園感神院」と呼ばれていたのが、「八坂神社」と改められた。

鶴間郷土誌(井上茂留著)より
八坂神社(天王様)悪病除け 祭神:素盞鳴尊(すさのおのみこと)
明治初年の地租改正により国有地となり、昭和23年熊野神社所有となる。明治の土地台帳には「日枝神社」とあり、新編武蔵風土記稿にも「鶴間村」の項に「山王二社」とあり、明治3年の鶴間村明細帳にも「山王権現・町谷分持」とあって、八坂神社は町谷の山王社であったことが記されている。 八坂神社と改称されたのが何時のことか宮司も「知らず」。

 
祭神 素盞鳴尊(すさのおのみこと)
由緒 由緒書きがないので詳細不明。
神官 常駐せず。 宮司:池田貞近 町田市能ヶ谷町

所在地 町田市鶴間

境内には写真のような石碑や道祖神?があった。