町田天満宮

町田三天神(菅原神社・町田天満宮・南大谷天神社)の一つ

Wikipediaから
天満宮(てんまぐう、てんまんぐう)は、菅原道真を祭神とする神社。政治的不遇を被った道真の怒りを静めるために神格化し祀られるようになった御霊信仰の代表的事例である。「天神」(てんじん)、「天神さん」とも呼ばれる。社名は、天満神社(てんまんじんじゃ、てんまじんじゃ)、祭神の生前の名前から菅原神社(すがわらじんじゃ)、天神を祀ることから天神社(てんじんしゃ)などとなっていることもあり、また、鎮座地の地名を冠していることもある。ただし、「天神社」については、天津神を祀る神社という意味のものもあり、これは菅原道真とは関係がない。

道真を「天神」として祀る信仰を天神信仰という。
道真が亡くなった後、平安京で雷などの天変が相次ぎ、清涼殿への落雷で大納言の藤原清貫が亡くなったことから、道真は雷の神である天神(火雷天神)と同一視されるようになった。「天満」の名は、道真が死後に送られた神号の「天満(そらみつ)大自在天神」から来たといわれ、「道真の怨霊が雷神となり、それが天に満ちた」ことがその由来という。
 
町田市史(下巻)から要約
当社は創建の年代は明らかでない。元和元年(1615)天満天神奉遷宮したと棟札にあり。嘉永6年(1853)9月13日の神祗伯資調王の謹書の奉額は、当社の社宝である。慶応元年(1865)8月の銘のある神鏡と木彫りのご神像は、共に内陣に安置してある。
明治5年(1872)に原町田村の大火の際に類焼したので、27年4月に再建した。現在の社殿は昭和43年(1968)9月25日の新造のものである。
町田三天神の一社である。(本町田の
菅原神社、南大谷の天神社
昭和39年8月25日に大綱神社、日枝神社を合わせ奉斎した。もとは菅原神社であったが、社名を現在の町田天満宮に変更したもの。
明治3年(1870)の「原町田村明細帳」には、「氏神菅原大神祭礼之儀ハ8月24日御輿巡行25日神楽執行」とあり、現在は9月25日、御輿の渡御は中止になっている。神代神楽は執行している。 例祭日は9月24日、25日である。

町田風土記(森山兼光)によると
原町田地区には、享和4年(1804)の「村柄様子書上帳」には村鎮守:天満宮社(建立年代不詳、棟札には“元和元年(1615)天満天神奉遷宮”)のほか、山王権現・飯縄権現が記されている。
明治3年の「村戸籍」には菅原大神・日枝大神・大綱大神と記されてある。
昭和39年、菅原大神に日枝・大綱の2社が合祀され、社名が「町田天満宮」になった。

東京梅風会(都内34社の天神さまによる会)のパンフレットより
天神さまの歴史
「天神さま」と言えば、受験の時など一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか? 現在「天神社」「天満宮」「北野神社」「菅原神社」などにまつられる「天神さま」のほとんどが、菅原道真公をおまつりしています。 本来、「天神」とは雨をもたらす農耕の神として崇められた神のことでした。 道真公亡きあと起こる宮中の落雷や天災に対して、人々は道真公の怒りとして恐れ「天神」という高い位をつけて都でも手厚くおまつりしたのが、北野天満宮の始まりです。
また、亡くなられた地では道真公のそのお人柄を親しみ墓所が整えられました。これが現在の太宰府天満宮です。この二つのお社がルーツとなり多くの天神さまが全国でおまつりされるようになりました。 時を経て江戸時代ともなると、「寺子屋」など学問は民衆でも行えるものとなり、子供たちは道真公のように賢くなりたいと「学問の神・天神さま」として崇められるようになりました。

 
祭神 菅原道真公
併祭神:大山咋命(おおやまくいのみこと)・・・大津市坂本の日吉神社が総本社
併祭神:宇加能御魂神(うかのみたまのかみ)・・・長野県飯縄山に本社がある(五穀の神)
由緒 町田天満宮が建立されたのは1580年前後(天正年間)の頃らしい。1582年(天正10年)に原町田村が本町田村から分村されたが、原町田村の鎮守であった菅原神社と同じ祭神を祀る神社が、分村に先だって原町田村にも建立されたものではないかという。 現在の神殿は昭和42年(1967年)に造営されたもの。
神官 常駐している。 宮司:池田道夫

所在地 〒194-0013 町田市原町田1-21-5
たまたま拝殿が開いていたので・・・。

天満宮への参道はJR横浜線の跨線橋(町田参宮橋)を渡る。鳥居は跨線橋から撮ることになる。
中央の写真の境内社には大物主神(金比羅宮)、素盞嗚尊(八雲社)、蛭子大神(恵美須社)、火産霊神(秋葉社)、聖徳太子の五神が祀られている。(由緒は右に)
右の写真は伏見稲荷より勧請した出世稲荷社
町田天満宮のパンフレット

2009年例大祭

2009/9/26

 

数日前に町田市内を歩いていて右のポスターを見つけた。 調べ廻った各神社の例大祭を撮りたいとネットで調べて訪問するのだが、なかなか出くわす事が出来ない。

宮司不在の神社も多く、昨日(9/25)も南大谷天神の例祭と思って歩いたのだが空振りだった。

今回は間違いなかろうと、奉納太鼓と神楽奉納を見るべく赴いた。庭一杯に露店が沢山出ており、参詣者も多く賑わっていた。 奉納太鼓と神楽の詳細はここに。