稲荷大明神

 
小田急町田駅からほんの少し歩いたところに、セントラルホテル町田の玄関先に稲荷社を見つけた。屋敷社であったものと思うが、この町中では滑稽に見える。
 
Wikipediaから稲荷について
稲荷神(いなりのかみ、いなりしん)は、日本における神の1つ。稲荷大明神(いなりだいみょうじん)ともいい、お稲荷様・お稲荷さんの名で親しまれる。稲荷神を祀る神社を稲荷神社(いなりじんじゃ)と呼ぶ。また京都市伏見区にある伏見稲荷大社が日本各所にある神道上の稲荷神社の総本社とされている。
稲荷神は、宇迦之御魂神(うかのみたま、倉稲魂命とも書く)などの穀物の神の総称であり、宇迦之御魂神の他、豊宇気毘売命(とようけびめ)、保食神(うけもち)、大宣都比売神(おおげつひめ)、若宇迦売神(わかうかめ)、御饌津神(みけつ)などとされている。また神仏習合思想においては仏教における荼吉尼天が宇迦之御魂神の本地仏とされる(その総本社は豊川稲荷)。
日本にある稲荷神社は2万社とも3万社とも言われており、屋敷神として企業のビルの屋上や工場の敷地内などに祀られているものまで入れると稲荷神を祀る社は無数と言って良いほどの数になる。江戸時代には、江戸に多い物として「火事 喧嘩 伊勢屋 稲荷に犬の糞」というはやり言葉があったほどである。本来は穀物・農業の神であるが、現在は産業全般の神として信仰されている。
 
祭神 不明
由緒 不明
神官 不明

所在地 町田市森野1丁目12番

 

セントラルホテル町田の玄関先にあり、ホテルへの送迎車は苦労するだろう。 拝殿のガラスが汚れているので内部がはっきりしないが、木製の祠が鎮座している。